管理職に求められる能力

組織で働くビジネスマンに必要な能力は、ポジションによって大きく変わってきます。担当者、管理職、経営層の3つの役割がありますが、今回の記事では「管理職に求められる能力」について、解説していきます。想定しているのは係長~部長クラスです。

必要な能力①:傾聴力

傾聴力とは、相手の話を聴く能力のことです。部下や協業している担当者などから、何らかの報告や相談を受けるときには、まずは相手の話を聞くところから始めてください。状況を正確に把握するためには、当事者からのヒアリングが最短経路であり、認識祖語を減らせる最善の方法です。相手が話をしている途中で自分の話をし始める人や、複数人がいる場でほとんど自分一人が話をしているような人などは、管理職以前にビジネスマンとしての適性がありません。これらはトレーニングや研修で改善可能なので、意識して相手の話を聞くようにしましょう。蛇足になりますが、有名国公立・私立小学校受験の行動観察において、このような振る舞いをすると、確実に落とされます。

必要な能力②:調整力

発注者と受注者の間で利害の一致しないトラブルが発生した場合などの対応能力を指しています。自営業や中小企業の場合、経営に与えるインパクトが大きいケースもあるので、重要かつ大変ストレスフルな仕事になります。1 or 0 の判断ではなく、双方の落としどころを調整する場合が多いと思いますが、一時的な問題の解決だけではなく、相手との長期的な付き合いなどの観点も含めて、話を進めることが望ましいです。どのような状況であってもドライに交渉を進めることが、調整のコツになります。

まとめ

必要な能力を2つ挙げましたが、皆さんの職場の管理職は、これらの能力を持っているでしょうか。自分が管理職になったときにどう振舞うか、改めて考えてみてください。

コメントを残す