炎上大好きITソルジャーに人気の歌を3曲紹介します

システム開発のプロジェクトが炎上してくると、様々な場面で色々なことが上手くいかなくなります。睡眠不足で頭が朦朧としているような状態のときには、自分のお気に入りの曲を聴くことが、心と体をリラックスさせる有効な方法です。今回はエンジニアに好まれている人気の曲を3つ紹介したいと思います。

夜空ノムコウ/SMAP

この曲の歌詞はスガシカオが作っています。「夜空の向こうには、もう明日が待っている」というフレーズは、徹夜残業をしているITソルジャーに希望を抱かせます。徹夜明けで仕事を続行するときも稀にありますが、仕事をやり切って解散することの方が多いでしょう。私が新卒1年目で某3000億円案件に携わっていた時の話になりますが、深夜の24時頃に、みんなで東京湾に向かってこの名曲を歌ったことがありました。今となってはいい思い出です。

朝日を見に行こうよ/SMAP

終電を逃したと言っているメンバーが居たときに、この歌を口遊みましょう。炎上案件では現場に謎の一体感が生まれることが多いですが、本当は皆、朝日を見る前には帰りたいと思っています。ほとんどの人はサビ以外のメロディーを知らないと思いますが、ファファファの雰囲気で歌えば問題ありません。

未来へ/Kiroro

最後に紹介するのは、破壊力抜群の歌です。「足元を見てごらん、これがあなたの歩む道。前を見てごらん。あれがあなたの未来」のフレーズはとても罪深い歌詞です。昨今、未経験からフリーランスのエンジニアになって年収1000万円を目指すなどというギャグが流行っていますが、ITエンジニアは年収300万円以下、毎日終電で土日も出勤のような過酷な状況に置かれることが少なくありません。そんな環境下にいるときには、自分の足元を見るのがつらいはずです。また大規模で長期のプロジェクトでは稀に発生する事案になりますが、前触れもなく突然、チームメンバーの人が失踪することがあります。あれが自分の未来だとは思いたくありません。

しかしながら、エンジニア界隈ではこの曲は一定の人気があります。肉体的に疲労しているときには、この曲のピアノの音が心にしみるためです。この曲を聴くと、未来に向かってのもうひと踏ん張りが効くようになります。

最後に一言

私はミスチルのinnocent worldとcross roadが好きです。

コメントを残す