年収1000万円のITエンジニアになる方法

「ITエンジニアはフリーランスになれば年収1000万円」といった胡散臭いセールスコピーに見覚えのある方は多いと思います。現役のエンジニアの方なら即座に分かることなのですが、これを実現できるエンジニアの方は極々一部です。しかしまったくの不可能な目標というわけでもないので、今回の記事では、ある程度の努力は大前提として、現実的にどうすれば年収1000万円になれるのかを真剣に考えていきたいと思います。

最大手級のSierやITコンサル系企業に就職・転職する

ある程度の学歴、地頭、テクニカルスキル、メンタル力、稼働時間が求められますが、最も確実な方法です。上場企業であれば会社四季報などで年収を確認できますし、口コミサイトでも金額感を知ることができます。このような会社に勤める人は難関大学卒の方が多いですが、30歳時点で年収550万円~750万円程度がボリュームゾーンです。諸手当がフルフル込みであれば、管理職ではなくても40歳で1000万円に届く会社が少なくありません。ただし激務になる場合がほとんどなので、就職や転職の際にはそれなりの覚悟が必要です。

最大手級の事業会社にプロマネとして就職・転職する

今回はプロジェクトマネージャをエンジニアとしてカウントしています。プロマネの立ち位置は、プログラマーやSEを束ねるプロジェクトリーダーの更に上のポジションになります。自身が管轄する予算が大きく、責任を持つシステム的な範囲も広いので、プログラマやSEの方よりも高度な地頭とスキルが求められます。客先や自社のユーザー部門との関係も密接になるため、単価は当然高くなります。開発側ではなく事業会社側のプロマネであれば、開発体制ピラミッドの最上位ポジションでのアサインになります。したがってシステム開発における最上位ポジション = 最高単価の計算式になります。ちなみに金融系の事業会社では、長期かつ超大規模案件を担当することが多いので、激務かつストレスフルですが、給与面と福利厚生面はかなりの好条件になることが多いです。

GAFA級の外資系企業のR&D部門に就職・転職する

再現性は低いですが、AIやIOTなどの旬な領域に強いエンジニアであれば、チャンスはあります。これらの企業はヘッドハンティングによる転職で人材を集めている場合が多いですが、年収2000万円代も目指せます。

億円級案件のプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャの経験を積んだ後にフリーランスになる

億円級案件のリーダーやマネージャーの経験を積める企業は少ないです。モダンなWeb系企業は若者に人気ですが、案件の規模は数十万円~数千万円程度のものが大多数を占めます。また自社開発のWeb系企業は壮絶な椅子取りゲーム状態になってしまうため、大手でもリーダーやマネージャの経験を積める機会が少ないです。Web系のスタートアップ企業は修羅場を乗り越えたスキルフルなプロマネを欲するため、必然的にこのような優秀なプロマネの単価は高くなります。フリーランスで参画した後に、CTOとして採用されたといったケースもよく見かけます。フリーランスでもプログラマではなくプロマネであれば、平均単価も高くなるので、キャリア戦略の一つとしてオススメです。

複業でサイトやアプリをリリースする

自身の腕と頭をフルに使って、Webサービスやアプリなどのプロダクトで稼ぐ方法です。クリック報酬型の広告収入で収益を上げるビジネスモデルであれば、リスクも少なく始めやすいです。この方針は社会的な手続きはしていないものの、やっていることは起業と同じです。失敗してもお金には代えられない貴重な経験を積むことができます。毎日が退屈で、変化や腕試しの場所を求めているアグレッシブな方には、ぜひ挑戦していただきたいオススメのプランです。利益の上限も本人次第なので、兆円クラスの所得を得る可能性もあります。自身が時代の風雲児のような社長になり、上場を目指すことも可能です。

さいごに

私がオススメするのは、誰でも手軽に始められる複業のプランです。複業以外のプランは途中参加が難しく、ほとんどの場合で激務な生活になってしまいます。私が作るサイトも将来的にはメガスケーリングできたらいいなと思って作っています。

しかしながら、大企業に入れば40歳で700万円、50歳で1000万円は普通です。こっちの方が現実的ですね。

コメントを残す