ドラクエの転職システムとITエンジニアのキャリア戦略

終身雇用制度が成り立たなくなった現代において、自分の市場価値を上げたいと思わない人はまずいません。ITエンジニアは月単価として自身の市場価値が露骨に分かるので、特にフリーランスの方は、この数字に敏感です。

単価の高い仕事を受注できるエンジニアは、それに見合う経験を職務経歴書に書けることが理由で、高待遇の案件を受注できています。3000億円案件のプロジェクトマネージャーの経験があれば、受注できない案件はまずないはずです。エンジニアに限らず、少しずつ職務経歴書に書ける内容をレベルアップさせていくことが、市場価値の向上には不可欠です。

webプログラマとインフラエンジニアを経験してシステムリーダーのポジションを獲得

システム開発はチームを組んで推進することがほとんどです。発注者の立場としては、高単価のリーダーポジションには、それに見合った成果を出せる人をアサインしたいと考えます。アプリもインフラも両方経験した人であれば、システムのことはすべて任せられるだろうと期待します。小規模案件であれば、すべてのタスクを自分一人で消化することになりますが、リーダーポジションでの受注は容易です。

これはあくまで一例ですが、ITエンジニアはスキルの幅を広くすることで、上位職(マネジメント職)への挑戦権を獲得できます。戦士と武闘家でバトルマスターになれるシステムと同じです。バトルマスターの経験を積むと「ばくれつけん」のような強力な特技を覚えますが、小規模案件のリーダーから始めて、徐々に案件の規模を大きくしていくことが、「マネジメント職」路線でキャリア開発をする際の基本戦略になります。

システム開発の全工程を経験してITコンサルタントになる

先ほどの例はアプリとインフラという「領域」の幅を広げた場合のキャリア戦略です。テクニカルスキルを磨きたい人にとっては、最良の選択になるでしょう。一方、システム開発における一連の「工程」に着目し、対応できる工程の幅を広げる戦略もあります。プログラマはリーダーから指示されたものをそのまま作ればよいという作業色の強い仕事内容ですが、システム全体を司る設計や、顧客との折衝業務を中心とした業務へと活躍の場をシフトすることによって、単価の高い上流工程の仕事を受注できるようになります。プログラマからシステムエンジニアになり、最終的にはITコンサルタントになるキャリアプランになります。上流工程に向かって滝登りをするイメージです。

同じ仕事しかしない人はずっと戦士のまま

実社会でもドラクエでも同じです。同じ仕事しかしない場合、職務経歴書に書ける内容が増えず、市場価値は低いままです。ドラクエの世界では転職しないと強くなれませんが、IT系の仕事は勤務先の事業内容によって担当できる仕事の内容に大きな制約があるため、スキルアップやキャリアアップを目指すのであれば、転職や独立はほぼ必須の要件になります。

コメントを残す

CAPTCHA