ネットの募集でプログラマを選ぶ基準

プログラマになろうとしている勤勉な学生は、あり余る時間を使って何かを作ろうとします。しかし手を動かし始めてすぐに、圧倒的な工数不足で完成が程遠いことに気付いてしまいます。ITエンジニアを目指す学生は世界的に友達が少ないので、一緒に何かを作ってくれる仲間が身近に居ません。したがってネットで人員を集めることになるのですが、どのような応募者を選ぶとうまくいくかを説明します。

業務経験者

学生の企画に現役のITエンジニアが応募するケースは稀ですが、主力として活躍できる上に、自身がシステム開発のイロハを教えてもらえるので最優先で採用すべき人材です。応募した理由としては、転職時のポートフォリオとして使いたい場合が多いです。欠点は社会人であるがゆえに、時間をそれほど多く取れないことです。

ポートフォリオや作品を公開しているプログラマ

趣味で完成品を世に出しているプログラマは業務経験有無を問わず有能な場合が多いです。好きこそ物の上手なれと言いますが、大半はモノを作ることが好きな人です。システム開発はお金は掛かりませんが、それなりの時間は必要です。一定の継続力があることを証明できている人になるため、ぜひ採用すべきです。

高学歴の学生

現職のエンジニアなら共感する話かと思いますが、地頭がいい高学歴の人材は課題解決力が高く、物事を全体の視点で考える力があり、計画的に物事を進めるクセがあるので、チーム戦では大変有用です。有名web系企業は高学歴者をプログラマとして大量採用している場合が多いですが、それは圧倒的な高品質のものを作れるからです。

まとめ

実際に人を集めるのは簡単です。理想は業務経験者で高学歴で容姿端麗の若手ですが、実際はニートのドブニャンのような人ばかりが大量に集まります。与えられた手札で勝負するという考え方は、プロマネの仕事をする上で重要な考え方です。まずは「やってみよう」が結論ですが、色々と試行錯誤してみてください。確実に成長できます。

コメントを残す

CAPTCHA