複業・独立用のクレジットカードを作るメリット

クレジットカードを1枚も持っていないという方は、キャッシュレス時代の現代において、ほとんどいないというのが現状です。今回のテーマは「複業・独立用のクレカを作るメリット」ですが、大きく2つの利点があるので、それぞれ説明していきたいと思います。

メリット①:会計ソフトにそのまま連携できるので、確定申告時の手間が減る

弥生会計やFREEEなどの会計ソフトは、口座連携機能やクレカ連携機能が備わっているものが多いです。「この支払いはプライベートで使ったもの」「こっちは商品の仕入れ」などのように、分類する手間が省けます。限られた時間の中で複業をしなくてはなりませんが、頭を使わない重要度の低い作業は、極力効率化や自動化をするべきです。青色申告時の書類作成作業において、大幅な省力化が見込めます。

メリット②:キャッシュの流れを把握しやすい

ビジネスの基本法則として、「利益 = 収益 – 費用」の考え方があります。事業用のカード1枚に支払いを集約させると、いつ何にいくら使ったのかを把握しやすくなります。複業の場合、はじめはドンブリ勘定だったり戦略的赤字スタートな計画で進めることが少なくないです。「会社の事業計画をどうするか」などの答えのない問題に対して、一番重要なキャッシュフローの状態把握が正確にできないような状況では、どんなに地頭のキレる賢い人でも、正しい判断ができません。一目で状況がすべて把握できるような状態にあることが望ましいでしょう。

まとめ

アッと驚く裏技のような内容ではないので、拍子抜けした方も多いかもしれません。しかし、確実に無駄な手間が減り、キャッシュフローが透明化するため、複業・独立用のクレカを作ることをお勧めします。

コメントを残す

CAPTCHA