嫉妬心と劣等感をなくす唯一の方法

誰もが一度は他人に嫉妬したり、劣等感を抱いたことがあると思います。できることならこれらを抱かずに、穏やかに生きていきたいものです。結論から言うと「自分の能力や実績を強化する」以外に克服方法はありません。嫉妬心や劣等感の発生メカニズムや性質を解明しつつ、これからどう生きていけばよいかを説明していきます。

自分よりも劣っている人間には嫉妬しないし劣等感も抱かない

自分よりも何もかもが劣っている人に対しては、嫉妬心を抱きません。例えば学歴、職歴、スキル、容姿、財産、健康状態などのすべてが自分よりも劣っている人が居たとします。その人の生活や人生が羨ましいとは思わないでしょう。劣等感も同様です。逆にすべてが自分よりも優れている人が居たとします。おそらくそのような人と一緒にいるだけで、惨めな気持ちになってくると思います。

自分が強くなれば負ける回数が減るので、嫉妬心や劣等感を抱く回数も減る

「もし自分がイチローだったらどう思うか」を考えてみてください。誰かに悪口を言われたとしても、特に何も気にならないでしょう。理由は相手の方が数万倍、自分よりも劣っているからです。逆に言うと、自分がイチローになりさえすれば、嫉妬心や劣等感を抱かないということになります。

強くなるためには努力しかない

女性で自分に自信が持てないといった方は多くいますが、努力と根性で克服できます。イチローになればすべてが解決します。イチローレベルまで行かなくても、ある程度強くなると「もっと強い奴と戦いたい」と思うようになります。「嫉妬しないために強くなる」から「嫉妬されないように弱く見せる」に行動が変わったら、あなたは既にスーパーサイヤ人化している状態です。

自分よりも劣っている人の集団の中に居れば、嫉妬心や劣等感は抱かないでしょう。しかしそれではあまりにも情けなく、自己嫌悪に陥ります。Let’s 筋トレ & 自己研鑽です。

コメントを残す

CAPTCHA