スポーツ系の同好会が複業や起業に役立つ理由

別の記事で異業種交流会に行く意味がないと書きましたが、スポーツ系の同好会には参加する意味があります。心身ともにリフレッシュすることはもちろんですが、価値観の変化やビジネス上の気付きに繋がることが多いので、皆さんに強くオススメしたいと思います。

理由①:普段の生活では知り合えない人達の価値観や考え方が分かる

東京育ちで高偏差値帯の大学卒で大手企業勤務の人は、地方で暮らしている高卒の人が、どのような仕事をしていて、どのくらいの収入があり、何にお金を使っているかを知らない場合が多いです。複業・起業を考えたときに、避けて通れないのがターゲット顧客の選定です。想定顧客を決める際に、一番初めにすべき作業は、相手のことを理解することです。人伝やネットでの調査結果を数値的統計的に見ることは必須ですが、一つの実体験から色々と考え始めることも、同じくらいに重要です。机上の空論だけではビジネスは上手くいきません。ニーズやシーズは体験から生まれます。そのためのヒントを、スポーツ系の同好会で得ることができます。

理由②:自営業者や中小企業勤務の人から仕事を貰えることがある

滅多にありませんが、士業などの専門職系の仕事や突発的な軽作業などの内容であれば、仕事を貰えることがあります。

まとめ

色々な人の価値観や考え方が分かり、運が良ければ仕事を貰えることもあるので、皆さんもスポーツ系の同好会に参加してみてください。ちなみにスポーツ系と書いていますが、吹奏楽などの文化系でも全く問題ありません。

コメントを残す

CAPTCHA