50円引きのトマトのために隣町のスーパーまで行くのはやめよう

朝の新聞に広告が入っていました。トマト1個が50円引きの80円だそうです。そのチラシのスーパーまでは、自転車で片道30分掛かります。徒歩5分のところにある近所のスーパーでは、トマト1個が130円で売られています。あなたはどちらのスーパーでトマトを買いますか?

スーパー時間値段
隣町片道30分1個80円
近所片道5分1個130円

今回の例で言うと、50分 = 100円 の計算になります。隣町のスーパーまで行くことによる節約は、時給120円に相当するということです。もしこれで隣町のスーパーを選んでしまうようであれば、この先も生活が豊かになるはずがありません。目指すべきは時給120円の節約マスターではなく、秒給120円のネイマールです。大切な時間は投資に使うべきです。

コメントを残す

CAPTCHA